アクアクララ 水

 

 

ウォーターサーバーを選ぶ基準の1つに「水の質」があります。

 

いかに価格が安くても水の質がイマイチだったり衛生面に不安があれば誰も注文しませんよね?

 

アクアクララは、これまで多くの人が利用していますが、その理由の1つは「使われている水の衛生面が安全だから」というのがあります。

 

では具体的にアクアクララで使われている水はどういったものなのか?

 

ここで詳しく解説していきます。

アクアクララの水は地下水をろ過したRO水

ウォーターサーバーによっては注文する水を選ぶことができますが、アクアクララはRO水のみとなっています。

 

RO水とはRO膜(逆浸透膜)を使って水道水を蒸留水並の純粋な水にろ過し、そのろ過した水にミネラルを添加した水のこと。

 

つまり、アクアクララの水は「水道水」なのです。

 

ただし水の質そのものは水道水に比べると非常にきれいで、1000万分の1mmの極少浄化孔フィルターによってろ過されているため、放射能や体に害があると思われる成分は一切入っていないのでご安心を。

 

 

その代わり、体に良いとされているミネラルはフィルターを通過するうえ、アクアクララではろ過された水に食添GMPを取得した自社ミネラル専用工場で良質なミネラルを添加しています。

 

これによって、体に良い軟水を作り出すことができ、私達日本人も飲みやすい水を作り出すことに成功したのです。

RO水と天然水との違い

水道水をろ過したRO水と天然水とでは具体的にどんな違いがあるのか?

 

まずRO水の最大のメリットはその安全性です。

 

RO水は水道水を徹底的にろ過して作られた水であるため、ウイルスや放射性物質も混じっていない純粋な水になっています。

 

天然水は人の手が加えられていない分、自然に生息するウイルスや菌、さらに場所によっては放射性物質が含まれている可能性がありますが、RO水はこれらを人工的にとり除いているため、安全面では天然水より信頼できると言えるでしょう。

 

ただし、こうしたろ過によって味が多少変化する可能性は否定できませんし、あくまでもRO水は水道水ですから、含まれているミネラルなどの成分は天然水に劣っていることもあります。

 

アクアクララの場合、RO水にミネラルを添加しているため、数字的には天然水とそこまで大差がないかもしれませんが、水の味が分かる人が飲めば、やはり天然水に劣る部分はあると思います。

 

つまり

 

衛生面や安全面を重視するならアクアクララ
水の味にこだわるのであれば天然水のウォーターサーバー

 

を選ぶといいでしょう。

 

特に水の味にそこまでのこだわりがないのであれば、安全面だけはしっかりしているので、アクアクララでもおいしく味わえると思います。

ウォーターボトルは2種類

アクアクララでは基本的にRO水しか取り扱っていないため、水の味を変えることはできません。

 

しかし、ボトルは12Lと一回り小さい8Lの2種類から選ぶことができます。

 

 

価格も

 

  • 12L・・・1,200円+消費税
  • 8L・・・1,000円+消費税

 

となっていますので、各家庭でどのくらい水を消費するのかを考えて選択するといいでしょう。

 

ちなみに、どちらも料金の中に宅配料が含まれていますので、送料については考えなくても大丈夫です。

 

≫アクアクララの特徴の詳細はこちら